横浜市立市民病院の看護師求人情報を探すなら!

→看護師求人サイトの人気ランキングをご紹介!

横浜市立市民病院は、横浜市保土ヶ谷区にある総合病院で、年間約30万人が外来患者として訪れます。横浜市においてがん診療や母子医療、対感染症医療に特に力を入れている急性期及び高度医療の中枢病院であり、その診療科は全部で33科目、病床数650程。大規模な災害や事故などによって多傷病者が発生した現場に48時間以内を目処に駆けつけ医療措置を行う専門的訓練を受けた医療チーム「DMAT」を有する病院にも指定されており、看護師も含め様々な分野で活躍できる可能性を持つ病院と言うことができます。加えて市立病院であることから安定性があり、こういった面からも「横浜市立市民病院で働きたい」と考える看護師は少なくないでしょう。

横浜市立市民病院に入職した場合、配属先は病棟、外来、オペ室、救急救命センター、透析室などが配属先になりますが、特にここで働きたいという希望があれば積極的にその点を考慮に入れてもらえます。急性期患者を多く扱うことになる為、忙しいとは言え高い看護師スキルを身につけることができるはず。しかも「キャリア開発プログラム」や「キャリアアップ支援」、「院内研修プログラム」など研修・教育制度が非常に充実しているため、キャリアアップを考えている看護師にとってはピッタリの職場です。また忙しいながらも完全週休2日制、5日間の夏季休暇、初年度の有給も20日間と休日も充実しており、看護師の負担を減らすことでより良い医療の提供に努めるべく残業時間管理も徹底しています。加えて看護師寮や託児所も設置、独身者にとっても家庭を持つママさん看護師にとっても働きやすい職場になるよう配慮されているのも嬉しいところですね。

勤務体制は、基本的に二交代制か三交代制ですが、夜勤専門職員の枠も用意されています。気になる給料は新卒か中途採用か、更には看護大卒か短大卒か、経験者であれば経験年数などによっても細かく分けられており、例えば新卒看護大卒なら月給約25万位から、中途採用で経験5年の4大卒なら月給約30万からとなっています。正社員の他にも非常勤、つまりアルバイト看護師の募集もかかっており、勤務時間に関しては夜勤を含むか日勤を含むかは相談できる可能性がありますが、いずれにしても週3日以上の勤務が条件となっています。

横浜市立市民病院の公式サイトにはこれら看護師求人の詳細が載せられているので、関心のある人は一度調べてみると良いでしょう。公式サイトによると年間の看護師採用人数は約100名とのこと。入職の可能性は決して低くないと言えますね。

神奈川県の公立病院の看護師求人を探すのにオススメ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社