公立病院の看護師へ転職したいなら!

→看護師求人サイトの人気ランキングをご紹介!

公立病院の看護師へ転職したい場合には、メリットだけでなく職場環境など総合的な情報をしっかりと入手しておくことがまず大事です。どうしても「公務員と同等の待遇が得られる」という安心感・安定感ばかりが先行していますが、実際の待遇面や環境面まで踏み込んで公立病院で働いている自分のイメージを描いていくことが大事です。

公務員と同じ待遇のため高収入とのイメージもありますが、実際に求人を見ると民間の私立病院の方がじつは全般的に高めです。月給だけでなく年収でも民間病院の方が高い傾向が見られます。もし高収入をイメージして転職を希望している場合には、改めて確認しなおすとよいでしょう。ただ一方では必ずしも高収入の方がよいとはいえないのも看護師の難しいところです。とくに私立病院の場合は、働き手が不足しているために好条件で求人をかけているケースが多く、収入が多い一方夜勤や残業、休日出勤が多いといったデメリットも考えられます。

そしてもうひとつのポイントが福利厚生や退職金、年金などの比較。平均の収入は私立病院に劣る分、この方面で公立病院は恵まれています。とくに退職金、年金は将来の備えを考えてもとても重要なポイントとなるでしょう。こうした情報は求人情報だけだとなかなか入手できない面もあるので、各施設のホームページなどからの情報収集も活用していきましょう。

これらのポイントを踏まえたうえで実際に公立病院の求人を探していくわけですが、その数は限られています。私立病院に比べて数が少ないのも理由のひとつですが、安定した環境で長く働いている看護師が多く、欠員が生じにくいのも理由です。逆に言えば欠員が生じにくい施設の方が働きやすいとの見方もできます。短期間に何度も求人が掲載される公立病院に関しては、看護師が辞めてしまう何らかの原因があることを推測する必要もあります。長く働き続けられるかどうかは先にあげた退職金や年金ともかかわってくる問題だけにとても大事です。

公立病院の情報と求人を探していく場合には看護師向けの転職エージェントを利用しましょう。理由は二つ。まず公立病院からの求人は転職エージェントで非公開求人の形で募集をかけられることが多いこと。そして二つ目はコンサルタントから各施設に関する情報を入手できること。これらの理由から転職エージェントを利用している人とそうでない人とでは公立病院への転職のチャンスに大きな差が出るため、ぜひ利用したうえで今回取り上げたポイントを踏まえながら求人を探していきましょう。

公立病院の看護師求人を探すのにオススメ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社