公立病院の看護師の求人倍率

→看護師求人サイトの人気ランキングをご紹介!

公立病院看護師の採用試験を受けるという時に、やはり気になるのは求人倍率ではないでしょうか。採用即公務員ということもあって、公立病院は民間の病院よりも人気が高いイメージが強く、受けてみたいけど倍率が高いから受からないんじゃないか、と心配する人も多いようです。しかし、実際には公立病院の求人倍率は病院によって差が大きく、公立病院かどうかということよりも、その病院の特徴や待遇、地域性などによって全く違うのが実情のようです。

たとえば、東京の都立病院は人気が高いことで知られていますが、倍率が高い理由のひとつには全国各地で採用試験を行っていることがあります。つまり、採用試験のためだけに上京しなくても良いように、札幌や仙台、福岡でも試験を受けることができるステムになっているのです。これだけ大規模な採用試験を行っている病院はそうそうありませんから、倍率が高くなるのもの納得でしょう。しかし、公立病院だからといってどこでも倍率が高いというわけではありません。民間の病院同様、看護師の配置基準を満たすために採用に四苦八苦している公立病院も全国にはたくさんあります。つまり、求人倍率どころか、定員割れしている病院もたくさんあるということです。地方都市の公立病院などはその傾向が強く、公立病院としての魅力はありけど、それ以外の選択肢となる病院がいくつもあるため、看護師が分散してしまうのです。逆に、かなり田舎のほうに行くと、逆に総合病院が公立病院しかないことから、人気が高まり、求人倍率が高くなっている場合もあります。

公立病院に限らず、病院の求人倍率は、通勤可能な地域の人口と、競合となる病院の有無によって異なるのです。

働きたいと思っている公立病院の人気の度合いが全く分からないという場合は、ナースフルなどの看護師専門の転職斡旋サイトに登録してみましょう。専属のコンサルタントがつくので、希望の病院の採用状況や求人倍率なども教えてもらえるはずです。また、たとえ倍率の高い病院でも、試験を受けるのは自由ですので、思い切ってチャレンジしてみるとよいでしょう。多くの病院では随時中途採用も行っているので、採用試験でダメでも、キャリアアップに役立ちそうな病院で経験を積み、それをアピールしながら中途の求人を受けるという方法もあります。また、アルバイトやパートなどの非常勤の看護師として公立病院に就職し、働きながら常勤になる試験を受けて受かった人もいます。いずれにしても、働きたい病院が決まっているのであれば積極苦的にチャレンジし、採用に向けて努力してくことが大切です。

公立病院の看護師求人を探すのにオススメ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社