公立病院で働く看護師は公務員なの?

→看護師求人サイトの人気ランキングをご紹介!

公立病院で働く場合、職員はもちろん医師や看護師の専門職のスタッフもすべて公務員になります。雇用が安定しているのも、給料や退職金が高いのも、すべて公務員だからこそのメリットです。どこに所属する公務員かというのは勤務先に違い、たとえば国立病院に勤務する場合は国が雇用主ですので国家公務員ということになりますし、市民病院は市の職員、県立病院は県の職員ということで、それぞれ市や県が雇用する地方公務員ということになるのです。

一般的に公務員として市役所などで働くためには、公務員試験を受験し、合格して初めて採用となります。それでは、公立病院で働く看護師も公務員試験を受験しているのかというとそういうわけではなく、民間の病院と同じように採用試験を受けて受かれば自動的に公務員という身分になるのです。採用試験の内容は病院によってさまざまで、筆記試験と面接を行うところもあれば、ほぼ面接のみ、というケースもあり、その点も民間の病院への就職と変わりません。つまり、採用される看護師の立場から見ると、普通に病院に就職するのとたいした違いはありません。

ただし、働いている中で民間の病院との違いは多少あります。公立病院は、その性格上労働基準法の順守には非常に厳しく、残業の時間や勤務と勤務の間は何時間明けなければならないといった規定については厳格です。しかし、これはもろ刃の剣で、そのために残業がほとんどないという病院もあれば、暗黙の了解でサービス残業をしている病院があるのも事実。もちろん民間の病院でも残業の多い病院はありますが、公立病院で働いていると法律の存在を感じることは多くなるはずです。また、公立病院は医療関するデータを行政に活かすためにも収集するケースも多く、そういった作業も必要になってくる場合があります。

ちなみに、公立病院でもパートやアルバイトとしていわゆる非常勤で働く看護師もいます。この場合は、公務員という身分ではないので、常勤程の好待遇ではありませんが、給料の面では比較的優遇されているようです。非常勤といっても、短時間勤務とは限らず、ほぼ常勤と同じような時間帯で仕事を行い、空きがでれば常勤になる、というケースもありますから、やはり公立病院の場合は、一般の病院ほど看護師不足で困っているというわけでなく、空き待ちという状態であることも多いようです。一方の看護師側にとっても、常勤で働く前に、試用期間のような形で非常勤で働くことができるので、安心して仕事をスターすることができると好評です。

公立病院の看護師求人を探すのにオススメ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社