公立病院の看護師の退職金

→看護師求人サイトの人気ランキングをご紹介!

公立病院の看護師は、月々の給料こそ民間の病院と大きな違いはありませんが、退職金が多いことで知られています。とはいえ、地域によってその額は違っており、市立病院であれば市の、県立病院であれば県の規定によって金額が決定されます。国立病院の場合は、看護師も国家公務員ということになりますので、国家公務員退職手当法に基づいて金額が決まります。定年まで勤めれば3,000万円の退職金が出たと言われる国公立病院の看護師ですが、現在は世論の変化もあって公務員の給与自体が引き下げられる傾向があり、それほどの額をもらえるということはないようです。

実際の金額は、勤続年数と退職までの月給平均額を一定の掛け率で掛けることによって金額が決定するのですが、子の掛け率は勤続年数が長くなるしたがって数字が大きくなります。ちなみに現在の退職金は20年勤務で1,000万円前後、35年または定年退職で2,000万円強の金額が退職金として支給されます。昔に比べるとやや額は下がったと言われますが、それでも民間の病院に比べると破格の金額で、民間の病院では定年まで勤めても数百万円ということも多いですし、個人のクリニックなどの場合は退職金がないということも少なくありませんから、それに比べるとかなりの好待遇と言ってもよいのではないでしょうか。

公立病院の退職金は、地域によって金額を決める掛け率が異なるので、最終的な退職金はずいぶん地位差があると言われています。とはいえ、今の時代確実に支給されるだけでもメリットは大きいですし、その金額も比較的景気に左右されにくいのも確かです。ちなみに、掛け率は、自己都合による退社かどうかによっても違ってきます。病院が明らかな規模縮小を行ったり、閉鎖されたりしない限り、途中での退職は基本的には自己都合ということになりますから、数年や十数年働いた後に自己都合退社で転職となると、金額はかなり低くなってしまいます。定年間際に自己都合で退社すると、定年退職の時に比べて掛け率で10カ月分以上ですから、数百万円も退職金の金額が変わってきます。そう考えると、やはり定年近くまで勤めたら、定年退職にしたいもの。逆に、かなり若い段階で、退職金のために転職せずにいるべきか悩む人もいますが、数十年の年月は長いですから、無理をして勤務を続けるよりは、より自分に合った職場を探すのもいいかもしれません。生涯賃金で考えると大きくマイナスになるかもしれませんが、やりがいという点ではやりたかった仕事に比べるとマイナスになってしまうでしょう。

公立病院の看護師求人を探すのにオススメ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社