公立病院で働く看護師の福利厚生

→看護師求人サイトの人気ランキングをご紹介!

公立病院で働く看護師のメリットのひとつとして福利厚生が挙げられます。収入面よりもこちらに魅力を感じて就職・転職を希望する方も多いようです。看護師を含め公立病院で働くスタッフは公務員に準ずる扱いを受けるため、充実している福利厚生が用意されているのです。

たとえば寮。公立病院の場合は職務住宅か借り上げた住宅が用意されています。民間の看護婦向けの寮よりもずっとよい環境で利用することができますし、単身者用だけでなく家庭もちの世帯向けの住宅もあります。結婚したり一定の勤続年数を超えたりすると出て行かなければならないことが多い寮に比べて、さまざまな面でメリットがあるのです。

また、こうした公立病院が用意した住宅を利用しない場合には、住宅手当や通勤手当を受け取ることができます。家賃の負担や交通費の支給など日々の生活や通勤の負担を大幅に軽減してくれる制度が設けられています。基本給をはじめとした収入面では民間病院よりもやや低めなものの、こうしたメリットによる月々の負担の軽減を考慮すると公立病院の方が生計を立てていく面ではよいとも言えます。

さらに子育てとの両立を目指す看護師向けの託児所・保育所を完備している施設がほとんどです。最近では民間病院でもこうした子育て支援を充実させるところが増えていますが、公立病院の方が恵まれているといえます。24時間利用が可能だったり、施設内に保育所が併設されていたりするなど使い勝手のよさも重要なポイントでしょう。民間病院の場合、別の場所で託児所を用意していたり、格安とはいえ有料のところもあったりするのでこの点の違いで差がつきます。

一方、民間病院で用意されていることが多いグループ内の施設の優待利用や資格取得、キャリアアップ支援といった面では公立病院はやや劣る面があります。働きやすさを重視する人にとっては福利厚生が充実している一方、将来のキャリアアップを目指している人には物足りないと感じることもあるかもしれません。

こうした特徴・傾向を踏まえつつ各施設の福利厚生を具体的にチェックしていくことになります。その際にはホームページの確認はもちろん、看護師向けの転職エージェントもうまく活用しましょう。コンサルタントから福利厚生を含めたその施設の環境や内情といった詳細な情報を入手することができます。また事前の条件交渉を代行してくれるため、その際に詳しい福利厚生の内容を聞くこともできます。自分にとって充実していると便利な福利厚生を判断基準にして求人情報の収集と吟味を行っていきましょう。

公立病院の看護師求人を探すのにオススメ!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ディップ株式会社